基本的なANAの予約変更についてご紹介させていただきましたが、特典航空券は予約変更できるのでしょうか。予約変更できる場合、どの様に予約変更するのでしょうか。
せっかく貯めたマイルも予約変更で無くなってしまっては大変です。特典航空券を予約する際には、あらかじめ予約変更の方法を知っておくといいでしょう。

ANAの予約変更 国内線特典航空券の場合

ANAの国内線特手航空券(いわゆるマイレージ利用)の予約変更は、搭乗日の2ヶ月前から搭乗日4日前まで行えます。変更できる内容は、あくまで日時と同区間での搭乗便のみです。搭乗者の変更、数はかわりません。ただし、羽田空港⇔成田空港、イタミ空港⇔カンサイ空港⇔コウベ空港の発着路線は相互利用が可能です。あくまでこの2パターンだけが例外であり、福岡・北九州、広島・岩国などの発着路線の変更はできません。
また、搭乗日の変更によるseasonの変更には必要マイル数の差額調整がありますので、搭乗日を変更する際はシーズンに注意しましょう。
変更手続きは公式HPやANA予約案内センター(電話)、空港カウンターで行えます。

ANAの予約変更 国際線特典航空券の場合

ANA国際線の特典利用航空券の変更は国内線とは異なります。
発券前は預り期限まで変更が可能なので、かなり自由に変更できると言ってもいいでしょう。
しかし、発券後については規定がかなり設けられています。
航空券の有効期限内で搭乗日や搭乗便の変更ができ、受付期限は予約済みの便の24時間前かつ搭乗希望便出発の24時間前です。ただし、搭乗者の変更、航空会社、区間、経由地、座席クラスについても変更できません。
国内線と同様に搭乗日が変わった場合は必要マイル数の差額調整があります。またマイルが減る場合にはマイルの払戻しもあります。
変更手続きは複数都市に滞在する場合、クラス変更する場合は公式HPで変更ができません。また、空港カウンターでは変更手続きできないので注意しましょう。

ANA予約変更 未使用の特典航空券

自分都合による未使用の特典航空券の払戻し(いわゆる特典航空券の取消)は、全区間が未使用の場合に限り払戻手数料マイル3000マイルを差し引いたマイル数をマイル口座に戻されます。国内線も国際線も払戻手数料マイルは同じです。
戻されたマイルの使用期限はもとのマイルの使用期限と同様です。取消しした時点で有効期限が切れたマイルは払戻しされませんので、注意ください。

特典航空券は気軽に変更できるというイメージがありますが、国内線、国際線ともにルールがいくつかあります。特に未使用の特典航空券の払戻しに関しては手数料マイルが取られますので、簡単に取り消すとマイルがどんどん減ってしまうので、注意しましょう。

Read More